アクションゲーム製作 0

アクションゲーム製作 0 〜 スクリプトの基本 〜


ZGEにおいてゲームを作る上で大切なのは、
まずそのゲームがどやって動いているのかを理解する事です。


例えば横画面のアクションゲームでは、
・落下(重力)
・着地
・移動
と言う要素が最低限必要となってきます。

重力は常に add 関数で cYadd に加算、
着地は hit_evt_act や map_hit_act 関数、 移動は yoko_move 関数を使う事で上記の再現をする事が可能です。

この基本的な考え方さえできているなら、
自分が作りたいゲームがどうやって動くかを考え、
その再現に使えそうな関数・変数を組み合わせれば、
ZGEでゲームを作る事はそれほど難しくありません。

上図のように一通りの動作を考えたら、
次は1つ1つの処理を考えていきましょう。

いくつかの事が複合していると難しいので、
とりあえずは基本の動作を作る事に集中する事にし、
アニメーション等は後回しにする方向で作っていきます。

何も画像が無い状態で作るのも味気がないので、
簡単にですが画像を用意しました。
以下のファイルを保存して ZGE で作成されたゲームのフォルダに移動し、
シーン編集画面で登録しておいてください。
■サンプル用キャラクターセット char_set.lzh
(lzh形式で圧縮されてます、解凍ツールを別途ご用意ください)

実行画面サイズ 320×240 で製作していきます。

→『アクションゲーム製作 1-1』につづく



▲フレームが表示されない人はクリック