移動計算

移動計算 (char_move char_move_vec)


移動計算とは移動速度や方向に代入された値だけ移動の計算を行うタイミングです。
キャラクターイベントのスクリプト実行に『移動計算なし』を選択している場合、
移動計算を行って初めて移動する事に注意しましょう。


座標取得タイミングは移動計算後

移動計算なしのキャラクターイベントが実行するスクリプトで、
座標や距離で判断させ分岐させる場合、
必ず移動計算後に関数を実行するようにしましょう。

char_move

if(<)less cXnpos


get 関数で座標を取得し同期させるような場合には、
取得したタイミングが移動計算のような形となります。

get cXnpos

if(<)less cXnpos



パーティクル生成は移動計算後

上記と同じくパーティクルも生成タイミングは移動計算後となります。

char_move

particle



_act系の衝突判定は移動計算後

hit_evt_act や map_hit_act 関数と言った
衝突時にキャラクターの移動速度や座標を補正する処理を行う関数は、
移動計算後に実行しないと移動速度と座標の補正が行われず、
意図した結果が得られない場合があります。
※戻り値には衝突したと判断されてはいます

char_move

hit_evt_act




▲フレームが表示されない人はクリック