入力方法

入力方法


スクリプトの関数や変数を入力する方法は少し独自な部分もある為、
ここでいくつかある方法をご紹介したいと思います。

ちなみに関数や変数の説明は、
スクリプト編集画面の下部に表示されるので、
併用して利用する事をお勧めします。


※関数は左側、変数は右側に表示されます



入力支援

『スクリプト』のページでも説明している関数入力の補助機能です。
スクリプト編集画面が開いている状態で F1キーを押すか、
スクリプト編集画面の上部に並んでいる中の一番左にあるボタンを押す事で、
別途ウィンドウが開きます。



カテゴリを選択すると関係した関数が説明とともに表示されるので、
入力したい関数のラジオボタンをチェックして右上の OK ボタンを押す事で、
選択している行の入力欄に関数が入力されます。

関数のみで変数の入力支援は残念ながらありません。



選択ボックス

選択ボックスに表示される関数や変数を選択する方法です。

ボックスが選択されている時もう1度記入欄をクリックするか、
を押す事で、
関数(もしくは変数)が表示され、
その中から選択する事で入力されます。





基本的に関数は追加された順に並んでいる事が殆どなので、
数も多く探すのが少し大変と言う難点があります。



頭文字入力

関数や変数の頭文字を押すと順番に関数や変数が表示されると言うものです。

上記の選択ボックスが表示されている時、
もしくは入力後に入力欄が反転している状態(下図)でキーを押す事で、


その頭文字の関数(もしくは変数)が順番に表示されていきます。


※画面は L を押した場合。

最初の方に並んでいるものを選ぶ時に便利ですが、
通常変数以外の変数は頭文字が同じものが多く探すのが大変なのが難点です。

ただし、cXnpos → cYnpos と同じようなものが並んでいる事が多いので、
おおまかな順番が判れば頭文字入力で出す事もできます。



直接入力

その名の通り関数や変数を直接入力します。
通常変数を入力する場合によく用います。

記入欄を選択し選択ボックスを表示せずキーボードを入力するか、
SHIFTキーを押すと入力可能状態になります。
間違っていなければ関数や変数が入力されたとみなされ、
因数の入力欄などが表示されます。





(※選択ボックスを表示した後は入力できなくなるので1度別の行を選ぶ必要があります)
(※スクリプト編集画面を開いた直後に0行目を手入力したい場合は、選択し直す必要があります)

直接入力する為、
関数名や変数名を覚えておかないといけない所が難点ですが、
v2.6.3 以降から追加された『候補選択』を使うと便利になります。



候補選択

スクリプトを途中まで手入力し、
ウィンドウ下部に表示される候補を選択する事で変数や関数を入力します。

例として『act_sleep』を入力します。
手入力できる状態にして関数名を頭から適当に入力します。



入力するとスクリプト編集画面の下部にその文字と一致する候補が表示されます。
(変数の場合はこの右側に表示されます)



その中から入力したい関数(ここでは act_sleep)を探します。



クリックすると任意の行に選択した関数が入力されて入力完了です。



変数でも同様に利用できるので、
関数や変数の効果を理解している場合にはとても便利な機能になります。



行をコピーする

スクリプト編集画面の行番号を右クリックして、
コピーしたい行番号を左クリックすると、
右クリックした行番号のスクリプトをコピーします。

※例)0行のスクリプトを1行にコピー





コピーする行番号はスクリプト編集画面の右上辺りに表示されます。



この機能は同一のスクリプトデータ編集画面でのみ利用可能です。
他のスクリプトデータへコピーする事は出来ません。



テキストからスクリプトを貼り付ける

テキストをコピーしたらスクリプト編集画面の上部にあるボタンを押すと、
編集中のスクリプトデータイベントにコピーしたスクリプトが貼り付けられます。

注意
ZGE2.6.5では存在しない関数や変数を入力し確定(OKを押すか他の行をクリック)すると、
エラーにより強制終了してしまいます。
注意点にも書いてありますが、
マニュアルにあるチュートリアル中にあるスクリプトは、
現在一部の関数名が変更されてある状態なので、
そのまま貼り付けて使用しないようにしてください。


また、スクリプト編集画面の上部にあるボタンを押せば、
編集中のスクリプトデータをテキストエディタ等に貼り付ける事ができます。

スクリプトの一時的になバックアップ等にも使用できるので便利です。



▲フレームが表示されない人はクリック