ZGEとは

ZGEとは


ZGEとは、『リアルタイムで動作する2Dゲームの制作に特化したゲーム製作ツール』です。
下記の公式サイトにてダウンロードできます。
現在ZGE公式サイトが消滅しているのでZGEの入手はVectorをご利用ください。
 https://www.vector.co.jp/soft/winnt/game/se225240.html
mu:die
ゲーム製作ツールZGE公式ホームページ

※現状ではWindows8では動作しないとの報告があるようです。
※Windows7ではインストール実行までに時間がかかる事があります。

ゲーム制作ツールの部類に入りますが、
スクリプトを記述するタイプの都合上、
自由度が高い分だけ敷居も高い方だと思います。

どんなツールにも言えるように、
ZGEもある程度の期間を使い続けてツールに慣れる必要がありますが、
その反面、細部までこだわって作れる自由度があり、
ゲームの部分だけを作る事に集中できる為、
プログラムで1から作るよりも少ない労力でゲームを作る事ができる所が最大の利点です。

マップの作成やキャラクターの配置もZGE1つで可能で、
ゲームデータの読み込み・保存や
リプレイデータの読み込み・保存、
キャラクターの拡大・縮小・回転と言った描画機能は当然の事、
パーティクル、配列変数、パスデータによるキャラクターの移動、
BGMのループ再生(現バージョンではwave、ogg)
テキスト表示等、
ゲームを作る上で必要な機能も一通り揃っています

※ドット絵提供きなこもち様

おおまかにZGEの動作概念を説明すると、
まずシーンと言うものがあり、
その中にゲームの動作に必要ないくつものイベントと言うものが存在します。
キャラクターやスクリプト等もイベントとされ、
キャラクターがそのスクリプトを実行するように指定すれば、
記述したスクリプトの通りに動く、と言うような感じです。


▲シーン管理画面
そのシーンで使用する素材をすべてここで指定して準備します。
(ゲームの規模が大きい場合は1シーン1ステージと言う形も可能です)


▲イベントリスト
ここでイベントを用意してゲームを作っていきます。


▲実行画面
上記のイベントリストを実行するとこのような画面になります。




▲フレームが表示されない人はクリック